かっつんかっつん

こんにちは。かっつんです。

整体をしていると、成熟市場ということもあるため、どうしても集客が伸び悩みます。

整体に限らず、どんな市場でも成熟産業だと集客がうまくいかないケースが多いです。

今回は、集客するため、売るために価格を下げてはいけないというお話です。

 

 

この記事を読むメリット
・価格戦略の落とし穴を知れる
・ライバルとの価格を気にしなくなる
・商品開発のときの値段設定がやりやすくなる

成熟産業では値段を安くするな

整体や美容室はいまやコンビニの数より多くあります。

 

ようは成熟産業です。

 

町にはあふれるほどの店舗があるおかげで、お客さんは好きなお店を選べるようになっています。

 

店舗がありふれているということは、

普通のお店はお客さんが来ないということです。

 

そんなときに、絶対やってはいけないことが値下げです。

 

しかし、ついついやってしまいがちなのも値下げなのです。

 

結論から言うと、安くするとお客さんが来るどころか、

お客さんが減ります

 

売れるようになるどころか、売れなくなります

 

安くしているのに、売れない、お客さんが来ない。

 

なぜだぁあああああ

となっても値下げをしているうちはうまくいきません。

 

成熟産業では値下げを絶対にしてはいけないのです。

 

値下げの何が問題か

そもそも、どうして、お客さんはお店にこないのでしょうか?

 

それは、高いから

では決してありません。

 

高いだけで売れないならダイソンの掃除機は絶対に売れません。

 

逆です。

 

安いから売れないんです。

 

正確に言うと、

有名じゃないブランドが売る商品が安いから売れない

ですね。

 

あなたの扱っている商品が、超有名ブランドだったら、安い方が売れます。

(ヴィトンとか、シャネルとか。でも、安すぎたら結局売れません。)

 

全く品質が同じ商品が2つあるとして、

有名ブランドのものとそうじゃないもの

あなたならどちらを選びますか?

 

ほとんどの人が有名ブランドを選ぶかと思います。

 

では、有名ブランドで高いものと

知らないブランドの安いものならば?

 

もしかしたら、知らないブランドでも安い方を選ぶかもしれません。

 

それじゃあ、

有名ブランドの高いものと

知らないブランドの安いものと

別の知らないブランドの似た値段のものと

また別の知らないブランドの似た値段のものと

またまた別の知らないブランドの似た値段のもの

どれを選びますか?

 

値段がどれでも一緒だし、一番安いものか

もしくは一番知っているものを選ぶかと思います。

 

値段が似たり寄ったりの商品では、

有名じゃなければわからないんです。

 

似たり寄ったりの値段では、選ばれる確率は似たり寄ったりの商品分の1です。

 

自分の商品が選ばれる可能性はかなり低いです。

 

それが成熟産業。

 

整体をやる場合、コンビニの数より多いライバルがいます。

 

そのほとんどが、値段で競争しているのですから、

一番安い商品を扱ったところで、すぐ値段の更新をされ、最終的に売れなくなるのがオチです。

 

成熟産業はライバルが多いのです。

 

これが、まだライバルの少ない成長期の事業なら話は違うかもしれませんが、

今の時代、そんな市場はほぼありません。

 

ニーズはみたされています。

 

それなのに、価格を安くする戦略は、うまくいくわけもありません。

 

必要なのは値上げして、付加価値をつけること

値下げしてはお客さんは減ります。

 

本当にやるべきは実は値上げです。

 

もちろん、品質をそのままに値上げしては、うまくいくはずもありません。

 

値上げして、付加価値をつけるだけつける

これが一番いい方法。

 

するとどうなるか。

ブランドがあり、値段の高い商品と

その他有象無象の似たり寄ったり商品がある中、

それらより高い、高品質のものがある。

 

となると、高くて高品質なものを選ぼうという気になるお客さんが

一定数いるわけです。

 

そこをターゲットにする。

 

お金を払ってでも、その商品がほしい

と思わせるくらいの商品なら、お客さんは必ず選びます。

 

マッサージして痛みを治すだけの整体

マッサージをして、痛みが取れて、美容にもよくて、疲れがとれて、頭の回転もよくなって、仕事もできるようになる整体

では、後者を選びたいと思うお客がいるのです。

 

そこまでするから、値段が高いです。

に納得するお客さんをターゲットにすることで、

あなたの商品が売れるようになったり、集客がうまくいくようになります。

 

値段と付加価値でお客さんの数も変わるのです。

 

付加価値をつけるなら値上げする。そのままでは売らない。

「付加価値をつけて、値段も安くすればお客さんくるじゃんか!」

という考えも浮かびます。

 

しかし、値段は上げるべきです。

 

安いと信用にかかわります。

 

値段が安いからこの程度か…。

安いとなんか悪そう…。

 

何も言わずともこう思ってしまうのが人間の心理です。

 

値段を高くすることで、信用を勝ち取ったり、品質を良く思わせることができます。

 

人は払ったお金には価値を見出そうとします。

 

だからこそ、ちょっと高額な値段で付加価値をつける方が効果があるのです。

 

まとめ:成熟産業では、値段を高くする

ライバルが多いからこそ、ライバルが少ないところで戦うことが有利になります。

 

ブルーオーシャン

なんて言い方もしますが、ようはそういうことです。

 

今の時代、ブルーオーシャンを見つけるには、

値段を上げる必要があります。

 

値段を上げて付加価値をつけて、ライバル店とは違うところを見せてあげると、お客さんは選んでくれるのではないでしょうか。