【期間限定無料】副業でも月50万稼ぐことができた秘密

【理学療法士の副業】週末開業はやめたほうがいい3つの理由

週末開業アイキャッチ
かっつん
こんにちは。副業起業家ドルヲタ理学療法士のかっつんです。

 

理学療法士の中で近年よく聞く言葉で

『週末開業』

という言葉があります。

 

給料がそこまで高くない理学療法士が

その技術を使って休みの週末に

整体を副業で営むことなのですが、

僕は絶対におすすめしません。

 

声を大にして言いたいです。

 

今回は、理学療法士が副業で週末開業することはやめたほうがいいというお話です。

 

この記事を読むと・・・

・週末開業はしないほうがいい理由がわかる

・収入の少ない理学療法士がどんな副業をするべきかわかる

・副業を始める際に何から始めればいいのかわかる

 

かっつんの整体運用歴

主な話をする前に、

かっつんの整体の運用歴を紹介します。

 

どうして僕が週末開業をすすめないのかというと

僕自身が失敗した経験があるからです。

 

あなたに同じ失敗をしてほしくありません。

 

ですので、まずは僕の整体運用歴をざっとご覧ください。

 

2018年2月:副業で出張整体を始める

2018年3月:仕事辞める

2018年4月:整体を開業、初月利益20万円

2018年5月:集客に悩みポータルサイトの営業を受ける

2018年6月:利益-3万円(赤字)

2018年7月:集客システム導入。新規顧客20人追加。

2018年8月:システムからのリピート率0%。赤字のため再就職。

2018年9月:システムの使用を停止。

 

結果的に300万円の借金を抱えることになりました。

 

ちなみにかっつんの当時の整体ビジネスモデルがこちら

(少し難しい話ですが面白い話です)

↓↓↓

ブログ・HPで集客して、2か月目で20万円売り上げた整体のビジネスモデル

 

リピート前提で行っていたため、

まったくリピートしないポータルサイトからの客は

1時間あたり1000円しか生まない最悪の顧客となりました。

 

しかも、新規顧客1人あたりに

システム代とは別でお金を取られるわけです。

 

初期のかっつんの整体のLTV(生涯顧客価値)は

新規1人に対して3万円ほどあったにも関わらず

それが一気に1000円にまで落ちたのです。

 

その後、再就職をし、空いた時間にネット副業を営み、

今までリピートしてくれていたお客さんにも

施術を提供するという形を続けています。

 

整体の月あたり利益は1万円ほど。

 

真剣に集客はしていないため、

2か月~3か月に1回ほどインソールの依頼があり、

そのときは利益が4万円ほどになります。

 

事務所は僕の住み込みになっていますので、

半分は経費になりますが、赤字ですね。

 

これが、かっつんの整体の運用歴になります。

 

週末開業はやめたほうがいい3つの理由

さて、長い前置きになりましたが、本題に入りましょう。

 

理学療法士の週末開業をやめたほうがいい理由として次の3つがあげられます。

 

①身が持たない

②営業に騙される

③そこまで大きく稼げない

 

それぞれ開設していきます。

 

理由①:身が持たない

理学療法士として平日は勤務しながらも

週末や平日の空き時間に整体を営むということで

かなりのハードスケジュールになります

 

せっかくやってきた休みの週末も

事前に予約をしていたお客さんに時間を取られるようになります。

 

疲労があろうがお客さんには関係ありません。

 

予約を店側からキャンセルすると

信用問題にも関わります。

 

結果的に拘束時間は増え、

お金は多少増えても疲労が蓄積されます。

 

理由②:ポータルサイトの営業に騙される

整体を開業すると

ポータルサイトから営業の電話が来ます。

 

ポータルサイトというのは

「店を紹介するからお金をください」

といういわゆる広告屋さんですね。

 

このポータルサイトの営業には要注意です。

 

本業でやっているならまだしも、

副業でやるならば新規の数よりも

いかにリピートされるかが重要になります。

 

こちら側としては

高くてもリピートしてくれるお客さんが欲しいのに

まったくターゲット層が集まります。

 

結果、忙しいだけで儲からず、

広告システム代だけが無駄になります。

 

ポータルサイトは信用してはいけません。

 

あなたが300万円の借金を抱えてもいいというのなら別ですが。

 

理由③:そこまで大きく稼げない

理学療法士としての技術さえあれば

お客さんは自然にやってくると思いがちです。

 

しかし、実際はかなり大変です。

 

僕は1年以上

ビジネス、マーケティングの勉強をしていたにも関わらず、

集客でかなり苦戦しました。

(グーグル広告などを用いましたし、サイトからの集客はだいぶキチンとやっていましたが。)

 

いかに口コミを利用して

お客さんを呼ぶかが重要なのですが、

なかなか苦戦します。

 

実際に来ても

リピートをしてくれるような仕組みを作らないといけないですし、

かなり大変です。

 

ビジネスの勉強をしていた僕ですらそんな状態なのに

何も勉強していないただの理学療法士が

そこまでうまくいくかと聞かれると

疑問に思いますね。

 

個人で稼ぐというのは

なかなかに大変なんですよ。

 

週末開業ではなく何をするべきなのか

週末開業について

かなり否定的な僕ですが

理学療法士の副業については

かなり肯定的です。

 

「理学療法士という仕事は気に入っているけれど、稼ぎの面がどうしても・・・」

という人のために役立つ情報を発信しています。

 

理学療法士が副業でやるべきこと、

それはネット副業です。

 

ネット副業といっても様々ありますが、

僕が特にお勧めしているのは

ブログ起業になります。

 

ブログでの起業ならば、

お客さんに振り回されることもなく、

時間を自由に使えて、

なおかつ成功したらどんどん収益は膨らんでいきます。

 

というとかなり怪しく思えますが

様々な副業に取り組んだ僕が

本気でおすすめしているのがブログなんです。

 

ブログ起業の仕組みについてはこちらも参考にしてください。

↓↓↓

【初心者必見】ブログ起業で稼ぐ仕組みはどうなっているのかをわかりやすく解説

 

まず最初にやるべきことは・・・

さて、

週末開業に取り組もうが、

ネット副業を始めようが

絶対にやらないといけないことが1つあります。

 

それは

ビジネスの勉強をすること

です。

 

ビジネスについて勉強をする機会が

あなたの人生に一度でもありましたか?

 

おそらくほとんどの人がNoだと思います。

 

ビジネスの勉強をしないで

ビジネスで成功するわけがないんです。

 

こうやれば稼げるという

外見だけのノウハウを実行するから

失敗するんです。

 

そのへんについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

↓↓↓

ネット副業など個人で稼ぐ人たちは全て起業家

 

個人で稼ぐ副業を成功させるためには

ビジネスの勉強が必要不可欠なんです。

 

面白いもので、

ビジネスの勉強をすると

普通に理学療法士として生活する中でも

役立つことがかなりたくさんあるんですね。

 

実際に勉強してみると

それを実感しますよ。

 

まとめ

理学療法士が副業をするならば、

何をすればいいのかわかりましたか?

 

週末開業はほんとにやめたほうがいいです。

 

週末開業をするくらいなら

ほかのアルバイトでもしていたほうが

よっぽどいい時間になります。

 

よく考えて選んでくださいね。

 

あわせて読みたい

【期間限定無料】理学療法士が副業でも月50万稼ぐことができた秘密はこのセミナーにあった

副業禁止記事のアイキャッチ

理学療法士で副業禁止は古い!稼ぎたいならそんな職場は今すぐ転職しろ!

pt-subworkのアイコン

【ネット副業】理学療法士のかっつんが実際に半年以内で月10万円稼いだ4つの副業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください