規制ラッシュに要注意!無在庫輸入転売の販売はこのプラットフォームを使え!

かっつん
こんにちは。かっつんです。

2019年からヤフオクやメルカリでの『無在庫転売』の規制が強化されています。

 

いざ決心して無在庫輸入転売をやろうと思っても、『ヤフオク』や『メルカリ』などのプラットフォームを使うと全く稼げなくなってしまいます。

 

そこで、今回は使うべきプラットフォームについてまとめてみました。

 

きちんとプラットフォームを選択すれば、あなたは規制やら垢BANでの苦労から逃れることができます。

 

しっかりと把握してください。

 

無在庫転売がOKなプラットフォーム

 

Wowma

Wowmaは無在庫を承認しているプラットフォームです。

 

AUが運営しており、Yahooや楽天などと比べるとまだまだ規模は小さいのが欠点ですが、今後大きくなっていくと予想されます。

 

ショップを出すのに申請がいりますが、2019年の段階では申請に通りやすいです。

 

というのも、今後規模を拡大したいプラットフォームは出店数も多くしたいため、審査がゆるい傾向にあります。

 

ある程度出店数が多くなってきたら、審査が厳しくなることが考えられるので、今のうちに申請してしまうことがオススメです。

 

ストアーズ

ストアーズはプラットフォームではなく、自分のネットショップが作れるSEOに強いサイトです。

 

無在庫輸入転売をするならストアーズをメインにするのが1番安定し、かつ大きく稼げます。

 

きちんと運用すれば、月に50万円の利益も出てきます。

 

ストアーズの強みはSEOに強いところです。

 

検索に上がってきやすくなりますので、SNSなどと一緒に活用するとさらに強くなります。

 

BASE

BASEもストアーズと同様に、自分のネットショップを作れるサイトです。

 

しかし、ストアーズと比べるとSEOに弱く、集客がしづらい傾向にあります。

 

どちらを使ってもいいですが、オススメはストアーズです。

 

気をつければ無在庫転売でも可能なプラットフォーム

 

Amazon

言わずと知れた、巨大プラットフォームです。

 

Amazonって誰でも出店できるの知ってました?

 

審査とかないんですよ。

そこが強みですが、運用に気をつけなければ、ポンポンアカウントが凍結します。

 

かっつんは無在庫輸入転売もAmazonを使っていますが、基本的にはせどり用に使っています。

 

強みは言わずもがな集客力です。

 

SEOも関係なく、売れる商品はとことん売れます。

(売れない商品もあります)

 

しかも、商品ページを自分で作ることもできるので、ライバル皆無な商品を扱うこともできます。

 

ヤフーショッピング

出店審査がちょっと厳しいですが、ヤフーショッピングも良いプラットフォームです。

 

商品が購入された後、仕入先から直接お客様のところに送ることを禁止しています。

 

商品が売れたら、1度自分のところに届けて、再度発送すれば、送料分かかりますが実質無在庫転売が可能です。

 

集客力もあり、アフィリエイトやら広告やらSEOやらで意外と様々な商品が売れます。

欠点は

評価が悪いとアカウントが凍結することと

出店審査が少し厳しいところです。

 

ヤフオク

ヤフオクは規制されていますが、上手く運用すれば短い時間で大きく稼ぐことができます。

 

かっつんが2ヶ月で30万円の利益を出したのも半分はヤフオクです。

 

しかし、凍結はほぼ確実です。

 

運用にも気をつけなければいけないため、初速のために使うイメージを持ち、いつまでも頼らないようにしましょう。

 

使ってはいけないプラットフォーム

ここまで、使えば稼げるプラットフォームに触れてきましたが、今度は絶対に手をつけない方がいいプラットフォームです。

 

ここに列挙するプラットフォームは使うだけ無駄です。

 

疑われた段階でアカウントが凍結し、機能しなくなります。

 

そんなところに時間をかけるなら、他のプラットフォームに手を出しましょう。

 

メルカリ

メルカリでは絶対に無在庫で出品してはいけません。

 

売上が出る前に凍結します。

 

そのくせ二度とメルカリでアカウントを作れなくなります。

 

絶対に使ってはいけません。

 

時間の無駄です。

 

ラクマ

ラクマもメルカリ同様、無在庫で出品してはいけないプラットフォームです。

 

やめましょう。

 

まとめ:結局ストアーズが1番いい

ここまで、様々なプラットフォームについて触れてきましたが、結局のところ自社ショップを持つことが1番いいです。

 

無在庫転売の規制から逃れるためには無在庫がOKなところに逃れる他ありません。

 

今無在庫転売がOKなプラットフォームでさえ、いつNGになるかわかりません。

 

しかし、ストアーズやBASEなどの自社ショップでは、自分のショップでルールを作れますから、無在庫転売の規制はありえません。

 

その分、集客が大変になりますが、ストアーズはSEOに強く、きちんと運営すれば3週間ほどで結果が出てきます。

 

かっつんの場合は商品を登録してから2週間で初売れしました。

しかも、10品程度しか登録しておらず、対策らしい対策をしてないにも関わらずです。

 

きちんと商品を増やしていれば、さらに早く結果が出たことでしょう。

 

BASEではなかなか集客ができないところがありますが、ストアーズなら比較的集客が簡単なイメージです。

 

しかし、なにも対策をしなければ、稼ぐ額は大きくなりません。

 

しっかりと頭を使うことが必要になります。

 

それはまた別の記事で触れることにします。

 

規制ラッシュから逃れるためには、使うプラットフォームをきちんと選びましょう!