【期間限定無料】副業でも月50万稼ぐことができた秘密

仕事をやめる理由の1番は人間関係!?人間関係に困ったときの対処法とは

人間関係アイキャッチ
かっつん
こんにちは。副業起業家ドルヲタ理学療法士のかっつん(→https://twitter.com/kattunn_01)です。

 

働いていると仕事がつらくて辞めたくなる時がありますよね。

 

実は、仕事を辞めてしまう原因のほとんどが人間関係です。

 

僕も、人間関係が嫌で仕事を変えた経緯があります。

 

今回は人間関係トラブルの対処法について書いていきます。

 

この記事を読むと・・・
  • 人間関係のことでの悩みが減る
  • 人間関係で困ったときの対処法がわかる
  • 仕事をやめたくなる原因がわかる

 

仕事をやめたくなる原因のほとんどが人間関係

サラリーマンをしていると

仕事をやめたくなるときってありますよね。

 

その理由の大半が人間関係のトラブル。

 

・仕事は好きなのに、上司がいちいちうるさい。

・きちんとこなしているはずなのに、何かにつけて文句を言ってくる。

・言っていることとやっていることがまったく違う。

・自分が不利になると、人間だから仕方がないと言い訳をしてくる。

 

などなど、上司に振り回される人は多いのです。

 

そこで、今回はそんな人間関係に困ったときにどう対処するべきかを書いていきます。

 

ケース1:自分に非があるけれど、失敗に対して当たりが強い

ケース2:自分は何も悪くないのにやたらと注意してくる

ケース3:自分とマインドの差がつきすぎている

 

それぞれ見ていきます。

 

ケース1 自分に非があるけれど、失敗に対して当たりが強い

良くあるのはこのケースです。

 

「なんでこんなに仕事ができないの」

「一度言ったことを二度繰り返させないで」

 

など、自分が仕事でうまく行かないばっかりにしかられるパターン。

 

実はこれ、負のスパイラルで、

仕事をミスる→怒られる→ストレスがたまる→ミスを恐れる→仕事がうまくいかない→ミスる→etc…

となってしまいます。

 

上司も本来あなたを怒りたくはないかもしれません。

 

どこかで、この負のスパイラルをとめない限り、精神的ストレスが多くなり、

うつ病の原因にもなったりします。

 

そんなときの対処はこれ。

 

怒られたけれど、次挽回すればいいや精神

 

いわゆるポジディブシンキングってやつです。

 

怒られるとどうしても自分を責めてしまいがちです。

 

でも、ミスは仕方がありません。人間だもの。

 

次回同じミスをしなければいいのです。

 

ミスしてもなんとかなるさ精神で、きっとストレスも減っていくでしょう。

 

ケース2 自分は何も悪くないのにやたらと注意してくる

続いて多いのがこのケース。

 

いますよねー感情でいろいろ言ってくる人。

 

ちなみに僕が働いている病院のナンバー2もこのタイプです。

 

しかも影でぐちぐち言うからたちが悪い笑。

 

この手のパワハラ上司への対処法はずばり、

 

相手にしないこと

 

です。

 

かかわるとめんどくさいですもん。

 

この上司が文句言ってくることと、業績が良くなることはどう関係があるか

と自分に問いかけてみましょう。

 

もし、イエスなら、話し合うなり、態度を改めるなりしなくてはいけませんが、

ノーならかまっている必要はありません。

 

仕事でストレスを抱える人の多くはクリティカルシンキングが足りないです。

 

必要なことをやる考え方が足りない。

 

マネジメントで有名なピーター・ドラッカーの言葉に

「大切なことは大切なことを大切にすることである」

という言葉があります。

(ドラッカーじゃなかったらごめんなさい汗)

 

大切じゃないことは別に大切にしなくてもいいのです。

 

もちろん嫌なことでもやらなきゃいけないこともあります。

 

でも、それが大切かどうかを良く考えてからでも遅くはないです。

 

ちなみに僕は、こういう上司とは一切かかわらないようにしてました笑。

 

でも、仕事には何も影響していません。

 

そんなものです。

 

ケース3 自分とマインドの差がつきすぎている

これは、経営の知識やビジネスマインドがついてくるとかなり感じますが、

他の人とまったく話が合わなくなります。

 

僕は国立大学の医学部を出ていますが、

そのときに知り合った早稲田大学の友人が

とてもいいことを言っていました。

 

「僕ら、世の中からしたら偏差値高いほうですが、偏差値が10違うと全然話が合わないんですよ。

考え方から違うので、そこに構ってたら日が暮れちゃいます。

いくらやっても話が合うことはないですよ。

だって偏差値に差が付きすぎてるんですから。」

 

まさにそのとおり。

 

もっと言うと

自分の偏差値やビジネスマインドは

付き合っている人の偏差値やビジネスマインドに近づいていきます。

 

つまり、世の中の偏差値50の人たちと付き合っていると

自分の偏差値まで低くなっていくのです。

 

自分と明確に考えが違う上司の相手はする必要はないし、

自分とまったく考えが違う、レベルの低い人だと割り切ることも必要です。

 

それがたとえ上司であってもです。

 

付き合うのなら、高い偏差値、高い起業センスを持っている人と付き合いましょう!

 

 

人間関係に対する一番の解決策

先ほど書いた、上司のレベルが低いのだとする考え方ですが、

この考えは、普通の人には難しいかもしれません。

 

でも、このことにもし共感したら、

あなたは起業マインドが高いかもしれないですね。

 

人間関係に悩まない一番の解決策は

独立することです。

 

そうすれば、自分とどうこう言う相手すらいないわけですからね。

 

僕は、病院の院長のレベルが低すぎたため、

独立する道を選びました。

 

それまで、なんとかやり過ごしていましたが、

居心地が悪い環境では何かとストレスがたまるものですから。

 

独立、起業の考えができるのは、これからの時代に必要なマインドです。

 

まだ、一般の人たちには理解されないことかもしれませんが、

独立することはかなり精神的に自由になる近道です。

 

今回の話に共感できたあなたは、起業センスが高いのかもしれませんね。

 

まとめ:人間関係の悩みは気にするな

3つのケースで分けてみてきました。

 

僕自身、最初の職場を辞めた原因は人間関係でした。

 

職場の人間関係って、

悩んでいても仕方がないことだと思います。

 

そこに時間をかけるのはもったいないです。

 

他人に振り回される必要はありません。

 

決めるのは自分自身ですよ!

 

あわせて読みたい

【期間限定無料】理学療法士が副業でも月50万稼ぐことができた秘密はこのセミナーにあった

副業禁止記事のアイキャッチ

理学療法士で副業禁止は古い!稼ぎたいならそんな職場は今すぐ転職しろ!

pt-subworkのアイコン

【ネット副業】理学療法士のかっつんが実際に半年以内で月10万円稼いだ4つの副業

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください