完全無料で受けられるLINE仕組み構築サポートの詳細はコチラ↗

【無料導入サポートあり】プロラインフリーの始め方を画像を使って世界一わかりやすく解説

(※このページは2022年6月13日に更新されました。)

かっつん
こんにちは。ひとり起業サポーターのかっつん(→https://twitter.com/kattunn_01)です。

無料で使えるLINE公式アカウント自動化ツール『プロラインフリー』ですが、

  • プロラインフリーの始め方を知りたい
  • プロラインフリーを使うためには何をすればいいの?
  • プロラインフリーをお得に利用したい
  • これからプロラインフリーを活用したいけれど、最初の設定や流れなどを知りたい

という質問をいただきます。

そこで今回は、『プロラインフリーの始め方』を世界一わかりやすく画像付きで解説していきます。

この記事を読むと・・・

LINE自動化ツール『プロラインフリー』の活用方法がわかる
プロラインフリーをお得に利用できる
プロラインフリーをビジネスに活かすことができる

本編の前に『プロラインフリー』について…

本編の前に、公式LINE自動化ツール『プロラインフリー』について、よくわからないという方はこちらの記事を先に読んでおくと、スムーズかと思います。

▼▼▼

prolinefreeアイキャッチ

プロラインフリーの始め方を画像で解説

これからプロラインフリーを使いたいという方のために、導入手順を画像を使って解説します。

プロラインフリーの始め方は以下の通りです。

プロラインフリーの始め方
  1. プロラインフリーの無料アカウントを作成する
  2. プロラインフリーとLINE公式アカウントを連携する
  3. プロラインフリーの使い方動画を視聴→無料コンサルを受ける

ではそれぞれ解説していきます。

プロラインフリーの始め方①:プロラインフリーの無料アカウントを作成する

まずはプロラインフリーの無料アカウントを作りましょう。

プロラインの無料アカウントはこちらから作れます。

↓↓↓

無料アカウントを作成する手順ですが、まず上記のボタンからプロラインフリーのHPにアクセスします。

右上の「無料アカウント作成」をクリックする、もしくはページを下にスクロールするとメールアドレスの入力画面が出てきます。
(※パソコンでアクセスした場合のみです。スマホからの場合はLINE友だち追加でアカウントが作成できます。)

これで無料アカウント作成が完了です。

プロラインフリーの始め方②:プロラインフリーとLINE公式アカウントを連携する

続いて、プロラインフリーとLINE公式アカウントを連携していきます。

プロラインの無料アカウントの作成ができたら、プロラインの管理画面にログインできるようになります。

左のサイドバー下方の『初期設定(Messaging API)』からプロラインとLINE公式アカウントを連携させていきましょう。

『アカウント設定を始める』をクリックすると『アカウント初期設定ナビ』が出てきます。

『始める』をクリックして次に進みましょう。

始めると次のような質問が出てきます。

基本的には『いいえ』ですが、プロライン以外のLINE連携ツールを利用している場合は『はい』を選択します。

どちらを選択しても、LINE公式アカウントの設定になりますので、今回は『いいえ』で進みます。

『次へ』をクリックすると、「連携したいLINE公式アカウントはもうお持ちですか?」という質問が出てきます。

すでにLINE公式アカウントを持っている場合は『はい』、まだ持っていない場合は『いいえ』を選択して次に進んでください。

今回は『いいえ』を選んで、LINE公式アカウントの作成をします。

『いいえ』を選んで『次へ』をクリックすると、次の画面に進みます。

新規LINE公式アカウントを作っていきますので、『LINE Developersで新規アカウントを作成』をクリックします。

すると別タブで『LINE Business ID』のページが開かれます。

『LINEアカウントでログイン』でも『ビジネスアカウントでログイン』でもどちらでも問題ありませんが、

料金プランを変更できない

よくわからないエラーが発生する

などのリスクを避けるために『LINEアカウントでログイン』を選んで新規アカウントを作成することを推奨しています。

ログインができると、『新規チャネル作成画面』になります。

チャネルの種類を『Messagin API』

プロバイダーはなんでもいいですが、なければ『新規プロバイダー作成』
※プロバイダー名もなんでもいいです。

会社・事業者の所在国・地域を『日本』をそれぞれ選択します。

チャネル名、チャネル説明はそれぞれ任意で大丈夫です。

大業種、小業種はあなたのビジネスの形態に合わせて選んでください。
※ここではウェブサービス(ビジネス)とします。

メールアドレスを入力します。

プライバシーポリシーやサービス利用規約があれば入力してください。任意なのでなくても大丈夫です。

ここまで入力が終わったら、2つの利用規約にチェックを入れて『作成』をクリックします。

これで新規LINEアカウントを作ることができました。

次のような画面になるかと思います。
(画像では作ったものとは別のアカウントを使っています)

そしたら、『チャネルID』をコピーします。

プロラインフリーの『アカウント初期設定ナビ』に戻って、先ほどコピーしたチャネルIDを入力して次に進みます。

次の画面になったら、チャネルシークレットを取得します。

『LINE Developers‐チャネルシークレット』をクリックしてください。

すると、LINE Developersの画面が開かれるので、下方にスクロールして『チャネルシークレット』をコピーします。

プロラインフリーの『アカウント初期設定ナビ』に戻って、先ほどコピーしたチャネルシークレットを入力して次に進みます。

ボットのベーシックIDが取得されて勝手に入力されますので、『次へ』をクリックします。

次の画面になったら『Webhook URL設定を変更する』をクリックします。

しばらくすると『設定完了』と出るので、『次へ』をクリックします。

続いて、応答設定を変更していきます。

『LINE Official Accaount Manager‐応答設定』をクリックしてください。

LINE Developersの応答設定の画面が出てくるので、

応答モードをBotに

あいさつメッセージをオフに

応答メッセージをオフに

Webhookをオンに設定してください。

設定したら、プロラインフリーの『アカウント初期設定ナビ』に戻って、保存をクリックします。

最後に、今設定したアカウントをあなたがいつも使っているLINEアカウントで友だち追加してください。

友だち追加ができたら、チェックボックスにチェックを入れて完了をクリックします。

これで、プロラインフリーとLINE公式アカウントの連携は完了です。

プロラインフリーの始め方③:プロラインフリーの使い方動画を視聴→無料コンサルを受ける

プロラインフリーとLINE公式アカウントの連携が完了したら、プロラインの使い方動画を見ていきましょう。

プロライン管理画面のサイドバーの左上にある『動画マニュアル』から視聴することができます。

動画マニュアルは長いので大変かもしれませんが、視聴すればかなりマーケティングスキルが高くなるので、ぜひ視聴してください。

また、無料で一度だけ受けることができる『プロラインマスターコンサル』もぜひ活用しましょう。

プロライン管理画面のサイドバーの下方にある『プロラインマスターコンサル』から受けることができます。

プロラインマスターコンサルは、「プロラインの使い方の説明」はもちろん、「プロラインを用いたビジネス戦略」や「プロラインの仕組み構築代行」など、さまざまなことをしてくれます。

通常1回2万円以上かかるプロラインのコンサルですが、登録した最初だけは無料で受けることができます

さらに、コンサルを受けると、LINE公式に関する以下の5つの記事を見ることできるようになります。

プロラインマスターコンサルを受けたら見れる5つの記事
  • 定期的に友だち数が増えるブログ集客
  • YouTubeでも使えるSEO対策
  • LINE公式アカウントリッチメッセージ
  • LINE公式アカウント女性集客術
  • LINE公式アカウント友だち増やす

損することはまずないので、必ず受けるようにしてください。

まとめ:プロラインフリーの始め方

プロラインフリーの始め方について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

プロラインフリーを始める手順は以下の通りです。

プロラインフリーの始め方
  1. プロラインフリーの無料アカウントを作成する
  2. プロラインフリーとLINE公式アカウントを連携する
  3. プロラインフリーの使い方動画を視聴→無料コンサルを受ける

手順に従って導入をしてみてくださいね!

最後になりますが、プロラインフリーをさらにお得に始めることができるサービスがあるので、下記のお知らせもぜひご覧ください。

お知らせ:プロラインフリーの無料サポートを始めました

プロラインフリーの導入から仕組みの構築までプロラインに関するあらゆることを無料でサポートするサービスを始めました。

先ほど説明した、「プロラインマスターコンサル」に近いコンサルも受けることができます

「プロラインに関する悩みがあった時にすぐに解決したい」

「プロラインを利用した仕組みの構築をお願いしたい」

「もっとプロラインについて理解したい」

という方にとっては大変お得なサービスになります。

無料でサービスを受ける事ができるのでぜひ利用してください。

詳細はこちら

▼▼▼

LINEサポートヘッダーアイキャッチ

合わせて読みたいプロラインフリーに関する記事

prolinefreeアイキャッチ
プロライン機能アイキャッチ
LINEサポートヘッダーアイキャッチ