【期間限定無料】副業でも月50万稼ぐことができた秘密

早口で滑舌悪いということがコンプレックスだった男性の話

(※このページは2021年6月22日に更新されました。)

かっつん
こんにちは。幸せな人生研究家のかっつん(→https://twitter.com/kattunn_01)です。

 

今回はコンプレックスが強みになった例です。

 

話が聞きやすい人っていますよね。

 

その人の特徴としては

「滑舌が良い」

「しっかりはっきり話す」

「聞き取りやすい速度で話す」

などです。

 

アナウンサーさんなんかは、とても聞き取りやすい話し方をしてますね。

 

ところが、世の中の人みんながそのような話し方かと聞かれると、そんなことはないですよね。

 

僕なんかはとても早口な方で、ゆっくり話がしたくても、気づいたら早口になっています

 

滑舌もそんなに良くなくて、カ行・サ行・タ行・ザ行で噛んでしまうことは多々ありました。

 

滑舌にコンプレックスがあった僕ですが、とある会話をきっかけに思わぬ強みを知りました。

 

今回は、僕の滑舌のお話です笑。

 

高校時代の送辞・答辞でめちゃくちゃ噛む

 

高校時代生徒会に入っていたのですが、そこそこ成績が良かったためか、部活をやっていたからかわかりませんが、

2年生のときに送辞(卒業生を送る言葉)

3年生のときに答辞(卒業するときのお礼の言葉)

を任されました。

 

2年生のときに送辞を任され、担任の先生と練習をしたときに

「お前、気づいてないかもしれないが、かなり早口だぞ。もっとゆっくり話した方が聞き取りやすい。」

 

と言われました。

 

それまで気にもしてなかったのですが、どうやら僕は、人よりも早口らしいです。

 

おまけによく噛んでしまいます。

 

送辞の練習の際もつっかえることが多かったです。

 

「噛むのは早口だからだよ。ゆっくりはっきり話しても、そこまで遅く感じないからやってみな。」

と言われ、意識してみましたが、どうにも遅く感じてしまいます。

 

なんとか、ゆっくり話すことで、つっかえることは回避しましたが、

全く慣れませんでした。

 

迎えた本番。

 

緊張していたためか、普通に噛みました笑。

 

特に誰も笑ってませんし、誰も何とも思ってなかったと思うのですが、めちゃくちゃ恥ずかしかったことを覚えています。

 

そんな結果だったにも関わらず、次の年に答辞をすることになりました。

 

送辞の失敗を踏まえて、再度挑戦。

 

迎えた本番。

 

「在校生のみなさん。かがや…輝かしい未来に向かって」

 

はい、かみまみた笑。

(元ネタ知らない人はすみません汗)

 

 

それ以来、『滑舌』は僕のコンプレックスコレクションに入ることになりました。

 

 

早口だからこそ強みに気付いた

早口で滑舌が悪いということで、初めて話をするときに緊張するようになりました。

 

思えば、僕の人見知りを加速させたのもこれが原因かも…

 

とある日、友達と会話していると、

「かっちゃん(僕のニックネーム)って、めちゃくちゃ頭の回転速いよね。」

と言われました。

 

僕としては、

…はて?

というような感じなのですが、その友達曰く

 

「次々と言葉が出てくるから、それだけ頭の回転が速くないとできないでしょ。それに、要領がいいし、論理的ですごいよね。」

 

とのこと。

 

 

なんと、僕は頭の回転が速かったのか!そして要領が良かったのか!

 

とこの時に知りました。

 

 

 

早口になっているのは、どんどん思考が出てくる上に、それを処理しないといけない分、脳を回転させているのだと、気づいたのです。

 

 

実際、頭の回転が速いと思う場面が多くなりました。

 

聞かれたことに対して、追加情報を加えて話すたりするところ。

=>1聞いたら10返ってくると言われたことも

 

問題が起こったときの改善案がとっさに出てくるところ。

 

上げようと思ったらキリがありません。

 

 

自分の頭の回転が速いということが自信に変わり、会話をしているときに、相手の様子を見る余裕もできるようになりました。

 

 

早口である分、いろいろ情報を伝えすぎることもあるようで、相手の顔を見て、ある程度会話の折り合いをつけられるようになってます。

(顔色をうかがうのは僕の弱みでもあったところです。)

 

強みがわかり、自信となった。

 

強みがわかり、自信が出たことで、より客観的に物事を見れるようになりました。

 

 

でも実際は僕自身、気が付かなかったことです。

 

なんならコンプレックスだったことです。

 

しかし、頭の回転が速いということが自信になってから、早口で話すこと、滑舌が悪いことを気にしなくなりました。

(面白いもので、滑舌が悪いことで自虐してしまうほどです。)

 

コンプレックスを強みに変え、自信が出ると、今まで悩んでいたことが、楽になります。

 

どうして悩んでいたのかと自問自答するほどに。

 

 

まとめ:コンプレックスの視点をズラすと強みが見つかる

自分のコンプレックスでも、視点をズラすと強みになるものです。

 

早口であることがコンプレックスでも、視点を変えると頭の回転が速い

と言われる。

 

これはほんの一例です。

 

あなたも、自分のコンプレックスの裏側には自分自身でも気が付かない『強み』があるのです。

 

そのことに気が付いた瞬間、今とは違った世界を見ることができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください